➡ ENDOO VLOGで紹介したものはコチラ ⬅

Elementorの編集ボタンを新規投稿画面の時だけ非表示にしたい

エレメンターをメインにワードプレスでウェブ制作をしているENDOOです。

今回はどこに需要あるの?って話なんですけど、忘れっぽい自分のためにメモ。これからもガンガン苦戦したカスタマイズは備忘録として書いていきます。(雑に書いているので、悪しからず…)

クライアント向けに管理画面を制御・カスタマイズしたいって話

ワードプレスの権限では、細かいところまで制限がかけられないんですよね。なので、プラグインに少し頼りつつ、さらに細かいところはファイルをいじってみた次第です。

で、ここで一つ問題が。

僕の場合、エレメンターで固定ページを編集しています。クライアントにもその固定ページをいじらせてあげたいんですけど、それだとブログを書く投稿画面にも「エレメンターで編集する」ボタンが出てしまうんです。

え?意味分かります?

おそらくですが、クライアントも僕が編集して作ったエレメンターの固定ページを触ることはないと思うんですが、自由度を持たせるために開放してあげたいんですよね(ぐちゃぐちゃにされちゃったら泣きますけど)。

ただし、ブログなどを書く投稿画面ではビジュアルエディターのみを適用させて、エレメンターを使ってほしくないんです。

この微妙な優しさが大事だと思ってます(笑)

エレメンター側でできる制御

それまで知らなかったんですが、エレメンターでもワードプレスの権限に合わせて、利用を制限できるらしいんです。「権限グループ管理ツール」って、思いっきり表示されていたんですが、気づきませんでした。

でも、これだとエレメンターを使う・使えないの2択しかなく、固定ページの編集画面からエレメンターを消せば、投稿画面からもエレメンターが消え、まるっきり使えなくなってしまいます。んーもどかしい。

エレメンターの有料版ではコンテンツごとに制御できるらしいんですが、今回はパス。自分で意地でも挑戦してみます。

エレメンターの「編集ボタン」を消す方法

とりあえず管理画面で開発者ツールを開いて、エレメンターの編集ボタンをチェック。

こいつ(#elementor-switch-mode)がボタンを表示させているので、cssでdisplay:none;を適用すればいいかなって…安直なアイディアです。

通常のスタイルシートではワードプレスの外側に適用されちゃうので、管理画面の新規投稿画面にCSSを適用すべくfunction.phpに記述。

参考 WordPress管理画面に独自の CSS・JavaScript を適用させる方法まとめ | memocarilogmemocarilog

これでエレメンターの編集ボタンが非表示になります。あんまり使う機会なさそうだけど。

追記:新規投稿だけじゃなくて、下書きの投稿記事でも非表示にしたい

ちょっと細かいことなんですけど、上記のままだと「新規追加」の投稿ページでは非表示になるんですが、下書き保存した投稿ページ(または公開済みの投稿ページ)ではガッツリエレメンターさんが表示されてしまうんですよね。なので、もういっそのこと投稿ページ関連から消えてもらいます。

上記の記述の最後に下記を追加します。

〜admin_print_styles-post.php〜の「post.php」ってのが投稿ページを意味します。これで綺麗に消えてくれましたね。