➡ ENDOO VLOGで紹介したものはコチラ ⬅

【Amazon Dash Button/レビュー・使い方】ボタンを押せば、商品が届く!!

田舎暮らしでアマゾンを活用しまくっている、Endoo(@endoosite)です。

先日、日本でサービスがスタートした「アマゾン ダッシュ ボタン」についてがっつりレビューしていこうと思います。知らない方は是非とも参考にしてください!

ダッシュ ボタンって何?

参考 「アマゾン ダッシュ ボタン」が日本上陸! これは便利だ - 価格.comマガジンkakaku.com

専門的な話は抜きにして、ざっくり言うと、無線機能が付いたボタンです。

そうです、ただのボタンです!

通常、アマゾンで物を買う時に行う作業を、物理ボタンで済ましちゃおうってのが「アマゾン ダッシュ ボタン」です。最初に設定だけしておけば、ボタンを押すだけで指定の商品が届くようになります。

ここだけの話、友人にこの話をした所…「スマホでクリックするのと大差ないじゃん」と言われました(笑)物は考えようです。消耗品であれば無くなった時にソッコーで注文したいですよね。これはそんなところが一番のメリットだと思ってます。

ちなみに…このボタンは500円で購入可能なんですが、ボタンで実際に商品を購入するとアマゾンクレジットで500円分付与されるので実質無料なんです。すごい(笑)

準備するものなどなど

  1. 無線環境(wifiルーター)
  2. アマゾンプライム会員限定
  3. アマゾンのスマホアプリ

ダッシュボタンは無線で飛ばして注文するみたいなので、wifiルーターが必須です。

そして、プライム会員限定なので会員になっておく必要があります。

無料期間有り!

 

最後に、ボタンの設定はアマゾンのアプリを使うのでアプリのダウンロードが必須になります。

ダッシュ ボタンを実際に頼んでみた

▼注文してみた!

▼封筒っぽい入れ物で届きました

▼アマゾンダッシュボタン!

▼こんな感じに開けますw

▼中身はシンプルっす。

▼説明書は英語と日本語があるみたいです

▼けっこう小さい、でもしっかりした作り

▼裏側のシールを剥がせば、壁にくっつけられそう

ダッシュ ボタンを使ってみよう

▼Amazonアプリをダウンロード

▼アプリを起動してメニューをクリック

▼メニューの中の「アカウントサービス」をクリック

▼「新しい端末をセットアップ」をクリック

▼スマホのwifiを設定した時みたいにパスワードを打ち込む必要があるみたいです

▼wifiルーターのパスを打ち込みます

▼基本、ブルートゥースは使わないですけど、設定の時だけONにしとくとスムーズに設定ができるらしいです

▼言われるがままにボタンを長押し!めちゃくちゃ小さいですけど青く光ります。

▼なんやかんやで指定の商品が選択できるようになります。エビアンなら、ボトルの大きさとかですね。

▼以上で設定は終了です。商品(エビアンの場合はボトルサイズ)を変更する場合は、アプリから変更するみたいです。

▼さっそくダッシュボタンを押してみると…注文確定に。ちゃんとダッシュボタンの料金(500円)が引かれてます。

ちなみに…

設定完了後にボタンを押すと、白く点滅した後、緑に点滅します。たぶん、緑に光った時点で注文ができたってことだと思います。たぶん。(笑)

ダッシュ ボタンの良いところ&イマイチなところ

良いところ

  1. 物理ボタンを押すだけで買えるって楽!とにかく楽!
  2. デザインも作りも良くて、壁に貼り付けていても違和感なし!
  3. アナログとデジタルのいいとこ取りって感じで、非常に勝手がいい
  4. 電池交換不要!最初に設定しておけば、後は押すだけ。ひたすら押すだけ。

イマイチなところ

  1. 商品が少ない…。個人的には好きな商品を自由にボタン登録したい!
  2. 値段の変動が分からないので、節約には繋がらない
  3. ランプが小さすぎる!エラーとか注文完了とかが不安だと、結局スマホで確認しちゃう(笑)

最後に

ダッシュボタンは少し前にアメリカで話題になっていたので、気になってはいました(笑)

今回試しに使ってみましたが、その使いやすさに驚きました。でも、その後で少し不安が…(笑)

気軽な分、押すだけで商品が届くってことが金銭感覚を狂わせるように思えます(ちゃんと管理していれば問題ないですが)。

 

 

ダッシュボタン自体は実質無料なので、よかったら「未来のサービス」を体験してみてください!

▼ダッシュボタンを使うには「アマゾンプライム」の会員加入必須!

無料期間有り