➡ ENDOO VLOGで紹介したものはコチラ ⬅

【ハイボール好き必見】便利すぎる!業務ポンプで簡単ハイボール作りに挑戦!

焼酎やウイスキーを割る際に、わざわざボトルから注ぐのは面倒なので「一押(いちおし)くん」という業務用ポンプを買ってみました。

家飲みする時には便利なアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

結論

一押くんの良いところ

  • 何杯も飲む人には便利
  • 居酒屋気分が味わえる
  • プッシュ式なので、濃さの調節が楽
  • おかわりが秒で済む

一押くんの残念なところ

  • ちょっと高い
  • プッシュ後の液漏れが気になる
  • 分解して洗うのが難しい・不衛生?

Amazonで類似品をチェック

created by Rinker
サントリーマーケティング
¥2,100 (2021/03/08 17:41:17時点 Amazon調べ-詳細)

居酒屋に置いてあるヤツ!「一押くん/いちおしくん」

居酒屋に行くと分かりますが、ビールサーバーの隣にはウイスキー類(トリスや角)が置いてあります。

よーく見てみると、ウイスキーのキャップ部分にはシャンプーとかで使われているポンプがくっついてます。

ハイボールが注文されると、店員さんは1プッシュしてソーダ水をズババと入れています。

そう、居酒屋のアレです。

便利だなーなんて思ってて、でも、業務用だから売ってないんだろうなと諦めかけたところ…なんとAmazonに売ってました。

ハイボール作りが楽になる!業務用ポンプの使い方

ここでは「一押くん」の使い方を簡単に紹介していこうと思います。

▼ウイスキーボトルにぶっ刺すと、こんな感じになります。

▼ポンプ部分は大きく、管も長いです。

▼管の長さはボトルに合わさなくても、写真のように柔軟に折れ曲がってくれます。

1プッシュ、15mlくらいなので、ハイボールにする時は容器に合わせて調節が必要になります。僕の場合は飲みながら確認して好きな濃さに合わせています。

▼炭酸水を入れると…あっという間に「ハイボール」!

「一押しくん」のイマイチなところ

大きめのボトルしか使えない

業務用なので仕方ないんですが、取り付けられるボトルが大容量タイプに限ります。

トリスや角の他にも、4リットルの焼酎とかに取り付けられそうですね。無論、瓶タイプでは未対応です。

▼ボトルによってはキャップが合わない。

プッシュ後、必ず垂れる

これは誤算。プッシュした後、必ず数滴垂れます。それが落ちきった後でも、ボトルを揺らせば再び落ちます。

今はひとまずティッシュを詰め込んでますけど(笑)

▼形状問題ですが、必ず滴り落ちます。

値段がちょっと高い

Amazonで見かけた時に感じたのが、値段の高さです。シャンプー用のポンプであれば100均にも売ってますが、こいつは2000円もします。

まとめ「雑な人こそ必須アイテム」

イマイチなところはあるものの、購入して良かったです。満足!

毎晩お酒を飲む僕からすれば、もうこのポンプなしではいられません。自分で濃さも調節できるし、簡単にハイボールが作れるので最高です。もちろん、注ぎ口のサイズが合えば焼酎系のボトルも利用できます。

みなさんも良かったら使ってみてください。

では。

created by Rinker
サントリーマーケティング
¥2,100 (2021/03/08 17:41:17時点 Amazon調べ-詳細)