リカバリーシューズは「スタンディングデスク」と合わせて使うのが最強だと思う

話題の「OOFOS(ウーフォス)リカバリーシューズ」を購入しましたので、使用感や僕なりの使い方、気になった点を紹介したいと思います。

その前に、いきなり結論です。

世間では外履きや室内履きとしてオススメされていますが、僕的には「リカバリーシューズ×スタンディングデスク」がベストな使い方な気がします。理由は簡単に言うと、動きにくいし壊れやすいから。

これからリカバリーシューズを買おうと思っている方は参考にしてみてください。

こんな人におすすめ
  • スタンディングデスク所有者
  • 「立ちっぱなし」が多い人

良いところ

  • かかとの負担が減った
  • 立っている時の疲れが軽減された気がする

残念なところ

  • タイトなサイズ感
  • 動く人には向いてない…かも
  • 外履きだと消耗が激しそう
created by Rinker
OOFOS(ウーフォス)
¥8,580 (2024/06/23 02:41:11時点 Amazon調べ-詳細)
購入品

リカバリーシューズは運動後の足を休ませるためのものらしい。お洒落で履くのは間違い?

まずは「リカバリーシューズって、何?」っていう話ですよね。

今回 僕が購入したのはリカバリーシューズのパイオニア「OOFOS(ウーフォス)」というブランドのもの。いろんなブランドからリカバリーシューズは販売されています。あのクロックスも取り扱っているようです。

お洒落サンダルとして普段履きをしている方も多いと思いますが、ウーフォスでは次のように自社のリカバリーシューズを説明しています。

OOFOS®の使命はフィットネスに熱心に取り組む人々やアスリートがワークアウトの合間に回復する手助けをすることです。スポーツ飲料やエナジードリンクが運動後の栄養補給を手助けするように、OOFOS®が足や関節のストレスを取り除き、明日のワークアウト前にリカバリー(回復)できるような頼りになるシューズになることを目的としています。

https://www.oofos.jp/view/page/faq

運動後のエナジードリンクっていう表現が分かりやすいですね。足を休ませるためのシューズであって、お洒落シューズとは少し違うようです。

でも、まぁエナジードリンクもファッション感覚で飲む人もいますし、その辺は自由で良いかと思います。

履いてみた感想:OOFOSのリカバリーシューズは「マショマロ」みたい!

どのお店にも全然売っていなかったOOFOSのシューズ。履き心地も分からずにノリで買ってしまいました。

履いてみてまず感じたことは、クッション性の凄さです。特にかかと部分に体重がかかると、グニュっと重みを分散してくれます。

かかとの衝撃を軽減する…似たようなシューズで、ナイキのエアーマックスもありますが、あんなもんじゃないです。

この柔らかさがあるからこそ、足や関節の負担を軽減してくれるんだなと感じました。

リカバリーシューズを買ってみて気になった点

実物を見ずに購入した結果、気になった点が3つありました。そのうち2つは僕の使い方では影響がないので問題ありませんが、合わせて紹介します。

1.普段履きで使えるの?俊敏な動きには適さない

リカバリーシューズは、あくまでも足の負担を軽減するためのシューズです。

そのため、実際に履いてみて思ったのは「動きやすい!」ではなく、「柔らかい!」でした。

なので、このシューズで走ったり俊敏な動きは少し無理があるかもしれません(出来なくはないですが、本来の使い方ではないかも)。

そして普通に歩くのも個人的には違和感がありました。なんというか、ずっと柔らかなクッションの上を歩いている感じです。

別方向に足を切り替えしたり、急に立ち止まったり…そんな動きが窮屈に感じました。これは個人差あるかもです。

2.クロックスよりもナイーブな質感。外履きで靴底がすり減りそう…

柔らかさの弊害は耐久性にも。

OOFOSのリカバリーシューズはゴムのような質感ですが、クロックスよりもかなり柔らかく感じます。

どこでもガシガシ履いていると、あっという間に靴底がすり減ってしまいそうです。

公式ページでは耐久性もあると書かれていますが、触った感じは何とも弱そうです。

3.思っていた以上にタイトなサイズ感!迷ったら大きめサイズを選べ

実物を履いたことがなかったので、サイズ感だけは手元に届くまでビクビクしていました。

口コミでは少し大きめがベストとあったので、普段27cmの僕は28cmをチョイスしました。結果、ギリギリセーフでした。

ワンサイズ大きいのを買ったので、もう少しゆとりが欲しかったですね。

また、足の甲を覆う部分の締め付けが強く、窮屈です。値段は少し高いですが、ベルト式の調節ができるコチラのタイプにすれば良かったと後悔してます。

created by Rinker
OOFOS(ウーフォス)
¥11,062 (2024/06/23 02:41:13時点 Amazon調べ-詳細)
オススメ

本題:リカバリーシューズとスタンディングデスクの組み合わせが最強

現在、僕はスタンディングデスクを利用しています。

PC作業が長いので、定期的に立って作業したり、眠気防止や集中力アップの役目として活用しています。めちゃくちゃ捗るのでオススメです!

スタンディングデスクは、昇降機能があることによって立ったり座ったり自由に姿勢を変えて作業することができます。これによって足の疲れが軽減できるんでよね。

さらに、より負担を与えない方法として、リカバリーシューズは効果的だと思います。

実際にリカバリーシューズを履きながらスタンディングデスクで作業してみた結果、めちゃくちゃ快適でした。

スタンディングデスクの問題点は、立って作業している時の足の疲れです。本末転倒ですが、足を運動させるために立って作業するのに、その姿勢が負担になってしまうんですよね。

そこをいい感じにリカバリーシューズは補ってくれます。

外履きでもないので靴底がすり減る心配もなく、俊敏な動きをするわけでもないのでストレスもありません。

鬼に金棒ってやつです。

室内は無印良品のい草スリッパで足汗軽減。デスク作業はリカバリーシューズで疲れ軽減。そんな感じで使い分けてます。

リカバリーシューズはデスク作業に必須アイテム!

一日中、デスク作業する人は、良い椅子や良い机を買ったほうが仕事が捗ると言われますが、リカバリーシューズもそこに加えてあげてください。

座り作業は良い椅子で疲れを軽減し、立ち作業はリカバリーシューズで疲れを軽減してあげてください。

おすすめです。

created by Rinker
OOFOS(ウーフォス)
¥8,580 (2024/06/23 02:41:11時点 Amazon調べ-詳細)
購入品

▼ちょっと値段は高いけど、ベルト式の方がキツくなくてオススメです。自分好みに調節できます。

created by Rinker
OOFOS(ウーフォス)
¥11,062 (2024/06/23 02:41:13時点 Amazon調べ-詳細)
オススメ