➡ ENDOO VLOGで紹介したものはコチラ ⬅

【ミニマム】無印良品のポケッタブル ダウンマフラーは携帯性抜群!

使わない時に場所をとりがちなマフラーですが、コンパクトに収納できたら良いなって思いませんか?

今回紹介するマフラーは、コンパクトに収納できます。携帯性・機能性にも優れていて、シンプルなデザインです。

結論

ポケッタブル ダウンマフラーの良いところ

  • 使わない時はコンパクトになる
  • シンプルだけど、構造が個性的
  • 埃がでにくい

ポケッタブル ダウンマフラーの残念なところ

  • 広げた時にシワシワ…恥ずかしい
  • 温かいが、肌触りは良くない

無印良品HPでチェック>
Amazonで類似品をチェック>

無印良品 ポケッタブル ダウンマフラー

無印良品にはシンプルなマフラーから大判ストールなど、いろんなデザインのマフラーがあります。その中でもミニマムで機能性の高いマフラーが「ポケッタブル ダウンマフラー」です。

あまり街中で見かけることがなかったので、無印良品で初めてみた時は感動しました。しかし、調べてみると、携帯用に折りたためるマフラーは別メーカーにも多数あり、カラー・デザインも豊富にあります。

Amazonで類似品をチェック>

携帯性にも優れていて、なおかつダウンなので暖かいという機能性も備わっています。とても素敵な商品です。

ポケッタブル ダウンマフラー 商品情報/スペック

  • 製品名:軽量ポケッタブル ダウンマフラー 17×95cm・ダークグレー
  • カラー:ダークグレー(その他:ライトベージュ・ダークベージュ・スモーキーマスタード・グレイッシュブラウン)
  • サイズ:約17×95cm
  • 値段:1,990円

今回購入したカラーは、ダークグレーです。

ポケッタブル ダウンマフラー ENDOOの評価/感想

店舗で一目惚れして購入したポケッタブルダウンマフラーは、今までのマフラーよりもガンガン持ち歩いている気がします。

「夜は寒くなりそうだな…」という時はバッグに入れておいたり、暖房の効いているお店に入った時はサッと折りたたんでしまえます。使いたい時は簡単に広げられ、首元を暖かくしてくれます。

さらに、ナイロン素材なので、マフラーにありがちな埃が舞うということもありません。これは地味に嬉しい。

ただ…

写真をご覧頂ければ分かると思いますが、マフラーを広げた時にシワが目立ちます。気にならない人は良いかもしれませんが、僕は気になりますね。ポケッタブル系のアイテムの宿命なのかもしれませんが、キレイにたたんでもシワシワになります。

また、ダウンなので暖かいですが、普通のマフラーよりも肌触りは悪いです。マフラー特有の「ぬくぬく感」は一切ありません。

携帯性重視なので、このあたりが気に入らない人は多いかもしれませんね。(ぬくぬく感は重要!)

マフラーのデメリットを打ち消す「ポケッタブル&ダウン」の魅力

マフラーや手袋などの防寒アイテムは、暖房の効いている室内では使わないことが多く、荷物になりやすいです。特に長物のマフラーはバッグにしまってもキレイに収まってくれません。

その点、ポケッタブルダウンマフラーは収納できるので、便利ですよね。バッグの中で暴れて広がる心配もありませんし、大きめのポケットならお尻のポケットにも入りそうです。

マフラーは使う時は使うし、使わない時は全く使わないので、ポケッタブルというスタイルは非常に有り難いです。

さらにポケッタブルダウンマフラーは普通のマフラーと違って、埃が立ちにくいところもGOODポイントだと思います。

やっぱり、シワが目立つ…恥ずかしい

ポケッタブルダウンマフラーは、折りたためるが故にシワがつきやすいのが最大のデメリットです。商品ページのようにキレイにシワが伸びきるまでには相当時間がかかります。

なので、自宅で保管する場合は、なるべく広げておくことをおすすめします。必要以上に折りたたんだ状態にせず、マフラーを広げられるシチュエーションの時は積極的に広げておきましょう。

さもないと、シワシワが際立ちます…(笑)

まとめ「『暖かければ、それでいい!』っていう人には是非オススメしたいマフラー」

  1. シワがつきやすい
  2. デザイン性
  3. 肌触り

このあたりが気にならない人にとっては、神アイテムとも言えるポケッタブルダウンマフラー。長さやデザイン・カラーが気になる人は類似品も多数あるのでチェック!

では。

無印良品HPでチェック>
Amazonで類似品をチェック>